訪問治療

訪問治療

けがや病気等で歩行が困難な方、他の医療機関を受診する際、
歩けないためタクシー等を利用4している方などの場合、往診を行います。

*** 健康保険の取り扱い ***
医師の同意書により健康保険で鍼灸治療が受けられます。
そのため安価で安心、安全な治療が受けられます。
(一割負担で約400円~700円です。)


同意書などは当院でご用意しております。

一人暮らしのお年寄りが増え、孤独死問題は、大家族で暮らし、曾祖母から始まり、祖父母を見送った私にとってとても辛いことです。氷山の一角かもしれませんが、すこしでもそうした方のお力になれないかと、【訪問治療】も始めました。それに伴い、なるべく治療費が生活の負担にならないように【保険診療】(医師の同意書が必要)もおこなっています。

実際、医師の同意書があれば私どもの健康保険適用の治療ができるということを、ご存じない方も多いということを知り、そういった方々に知っていただくことから始めようと思い、今に至ります。

2001年2月の開院から実費診療のみでやってまいりましたが、2009年の夏に元々通院でいらしていた患者様がケガで通院が困難になり、往診にて治療継続の予定でしたが、別途往診費もかかってしまうため、[健康保険適用]にするためにその患者様のかかりつけのクリニックに私自身でお願いにあがったところ、快く同意書にサインをいただけました。

その時に「通院困難な患者様がもっといらっしゃるのでは・・・」と思い、微力ながらそういった方々のお役に立てればと思い、本格的に[健康保険適用]の治療を始めました。

訪問治療

2001年2月の開院から実費診療のみでやってまいりましたが、2009年の夏に元々通院でいらしていた患者様お二人(70代前半の方、70代後半の方)がケガなどで通院が困難になり、往診で続けましょうという話だったのですが、往診費もかかってしまうため、健康保険適用にするためには同意書が必要なため、お二人のかかりつけのクリニックに私自身でお願いにあがったところ、快く同意書にサインをいただきました。

その時に「通院困難な患者様がもっといらっしゃるのでは・・・」と思い、微力ながらそういう方々のお役に立てればと思い、本格的に始めました。実際、健康保険適用の私どもの治療というのは、医師の同意書が必要なため、患者様たちでご存じない方も多いということを知り、お役に立てればと思っています。



対象疾患について

(1)神経痛
坐骨神経痛(おしりからももの裏側にかけてピリピリしびれる)
三叉神経痛(顔面の一部にしびれを感じる)
肋間神経痛(肋骨に沿った胸の痛み)
(2)リウマチ
指先に力が入らない。水道の蛇口やジャムのふたを開ける時に指先が痛いなど。
(3)頚腕症候群
ひどい肩こりで頭痛や吐き気がするときがある。
指先がしびれて鉛筆などを上手く持てない時がある。
(4)五十肩
バンザイをしようとしても痛くてできない。洗濯物を干す、布団の上げ下ろしなどが大変。
シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしずらい。
(5)腰痛症
ゴルフ等でぎっくり腰をして以来、腰の調子がおかしい。
立ちっぱなし(座りっぱなし)の仕事をしているので、慢性的に腰に違和感がある。
(6)頚椎捻挫後遺症(ムチウチ)
交通事故で後ろから車に追突されて
大きな衝撃が加わって以来、首・肩・腕にかけて調子が悪い。

 

訪問エリア

訪問エリア

川崎市・高津区・宮前区の一部
横浜市・都筑区・青葉区の一部

詳細はお気軽にお尋ね下さい。

施術内容の簡単な説明と流れ

施術例として・・・
前じゅうねつ(いわゆるマッサージ)
鍼(痛みのない、体に刺さない鍼を使用)
後じゅうねつ(いわゆるマッサージ)
電気温灸器(やけどのない電気で温めるものです)
この流れで30分程度を要します。

ご高齢の方々には1回30分の施術で、週2~3日続けられるのが一番効果的と思われます。

また、健康保険ではなく自由治療でという方は、特に症状、病名等は問いません。
料金は同じような施術内容で4000円です。

訪問治療

血液・リンパ循環や代謝を促進させて、むくみや床ずれの改善と予防をします。
固くなった筋肉を緩めて、痛みやしびれを軽減させます。

関節の動きを良くして筋力の低下を防ぎ、
立ち上がりや歩行の訓練により、身体機能を向上させます。

患者様と信頼関係を築きながら、精神的ケアもおこないます。
お話することで病気に対する不安やストレスを少しでも軽減させ
お一人暮らしの方、日中お一人の方でも
安心して治療が受けられる環境作りをしていきます。

ページトップへ